1. HOME
  2. イベント
  3. レッスン
  4. アート ・デ・サイエンス 『フランスにおける美術品の修復と保存』講座

アート ・デ・サイエンス 『フランスにおける美術品の修復と保存』講座

第一回 絵画を科学的に鑑賞しよう

日時 11月26日火曜日 17時半〜19時

場所 日本人会事務所

9, av Marceau 75116

参加費 10ユーロ (配布資料)

修復や保存という言葉は知っているけど、実際にはどんな人たちが何をするのか。

美術館で目にするまでに、一体何が行われてるのか。

その舞台裏を各テーマに沿って学ぶ定期講座。

第一回目は、絵画の画像分析です。

ルーブル美術館で始まった、レオナルド・ダ・ヴィンチ展でも紹介されている赤外線分析を中心に、画像分析について知識を深め、フランスの修復や保存について一緒に考えてみましょう。

美術品を修復、保存の視点からも鑑賞できる知識や、考え方を身につけていきます。

講師 藤井ひとみ

講師プロフィール

パリ・ルーブル美術館のフランス国立修復美術研究所(C2RMF)所属 修復化学研究員

早稲田大学教育学部 非常勤講師 脳科学を活かしたインクルーシブ教育担当

色彩アーティスト“ひとみこぱん”としても2009年より活動。http://hitomicopan.jimdo.jp

著書に色彩による子供の成長を促す絵本 “ぱんだえほん” 梧桐書院

今後のイベント

| レッスン

今後のイベントはございません。