Artists Club-NAC

NAC(Nihonjinkai Artists Club) は絵画、彫刻、版画、デッサン、タピスリー、陶芸その他あらゆるジャンルの在仏アーティストで構成されている日本人会所属の美術家クラブです。

日本人会アーティストクラブ Nihonjinkai Artists Club (NAC)

NACは絵画、彫刻、版画、デッサン、タピスリー、陶芸その他あらゆるジャンルの在仏アーティストで構成されている日本人会所属の美術家クラブです。 1977年に日本人会元会長、小島亮一氏が友人画家十数名と共に展覧会を企画したのがNACの始まりです。1982年に日本人会ア-テイストクラブとして正式に発足し、以後450名以上の芸術家が会員名簿に記され、現在は絵画、彫刻、版画、写真、陶芸、その他の分野のア-テイストと毎年展覧会を開催しています。

展覧会スケジュール

新春展:毎年1月、Espace Culturel Bertin Poirée/参加費 30€
NACビエンナ-レ展:二年に一度、パリ日本文化開館/参加費 200€(カタログ代含む)
大使賞、NAC賞、鑑賞者賞、館長賞などが有リます。
懇親会(自由参加):毎月第一木曜日 18時より
Le Café Galliera、 15 Avenue Pierre 1er de Serbie, 75016 Paris

入会資格/会費
日本人会会員(会費が有効)のアーティストであること。入会にあたっては作品写真による選考があります。
会費は年度会費制(1月1日から12月31日まで有効)で16ユーロ。

NACの特長
1. 美術展開催団体や画廊などから要請があれば、会員名簿や作品カタログを配布し、
作家紹介に努めています(地方で開催される日本文化祭からの問い合わせも多く、
出品の機会は個々バラバラでいるよりも多くなります)。
2. NAC展はNAC会員であれば全希望者が出品できます。
出品者の選別を一切行いません。
セレクションが必要な企画展の場合は、企画者側の判断に委ね、
NACは主催にも共催にもならず、資料提供の協力のみとなります。
3. 代表委員や日本人会への代表理事の選出は郵送投票、ビエンナーレ展受賞者は
NAC会員による相互投票で決定するなど、公平な運営を行っています。
4. NAC会員の個展、グループ展は、「日本人会会報」「日本人会からのお知らせ」に
無料で広告掲載します(ただしフランス国内展のみ。
また、サロンのような出品者数の多い展覧会も掲載しません)。

総会
年1回、日本人会で開催。
前年度決算報告、近々に予定されている行事や展覧会の報告や話し合いを行います。

代表委員
NAC会員には自己申告制で具象部門、抽象部門、その他(彫刻、版画、タピスリーetc)部門の3部門から所属部門を選択してもらいます(変更可能)。原則2年ごとに、郵便投票により、具象絵画部門から8人、抽象絵画部門から8人、その他部門から4人、計16人の代表委員を選出します。
NAC主催展覧会の運営等について、代表委員会で検討、決定しています。

代表理事
具象絵画部門および抽象絵画部門の代表委員の中から各1人づ つ日本人会の理事を選出します。選出は代表委員による互選(郵便投票)方式です。任期は次回の代表委員選挙後、新任の理事が選出されるまで。現在の代表理事は川辺孝雄会員、本庄谷会員。

事務局
日本人会事務局がNAC事務局を兼任しています。会長職は設置していません。
NAC入会希望の方は、入会申込用紙(別紙に必要項目を記入するのも可)にご記入の上、
年会費を添えて日本人会事務局までご郵送下さい。

NAC blog https://rdv-nac.over-blog.com/
NACネットギャラリー https://nngalerie.free.fr