1. HOME
  2. トピックス
  3. コラム
  4. フランス安心安全プチ情報【2】バカンス時期の自宅の守り方 その二

フランス安心安全プチ情報【2】バカンス時期の自宅の守り方 その二

バカンス時の一番のリスクは、盗難でしょう。今時の泥棒は、行き当たりばったりではなく組織的に計画的に犯罪を繰り返しています。そのようなプロ軍団に本当に狙われてしまったら、100%防ぐのは難しいですが、出来うる限りの対策を行いましょう。
* 盗難も補償されるアパート保険への加入
アパート保険と一口に言ってもその補償内容は千差万別。盗難が補償されるか確認されることをお勧めします。
* 泥棒団のサインの確認
今の泥棒は組織的に動いていますので、狙いをつける時に色々なサインをアパートの郵便受け・ドアなどに付けています。書き込み・シール・ピン等が付けられていないか、確認してください。
* 郵便受けを一杯にしない
郵便受けが一杯だと長期不在を判断されます。可能なら隣近所の住人・管理人に管理をお願いしましょう。
* 隣近所の住人・管理人への連絡
バカンス等で長期にアパートを開ける時は、隣近所の住人・管理人にその旨を伝えて、何か発生した時のために連絡先を残しておきましょう。
* 管轄警察署へ見回りの依頼
数年前から依頼をすれば、バカンス中にお巡りさんが定期的に見回ってくれるようになりました。近所の警察署に問い合わせてみてください。
* 自己防衛防犯グッズ
泥棒が嫌がるのは、「侵入するのに時間がかかる」と「大きな音がする」です。保険会社の防犯資料によると、侵入に3分以上かかるドア・窓からは、ほとんど被害ないそうです。ただ、ドア・窓を防犯対策がしっかりされているものに交換するには、相当な費用がかかってしまいますよね。そこで費用も安く簡単に利用できる防犯グッズをご紹介します。これらのものは、DIYのお店で色々な種類のものが販売されています。
1 大音量音響センサー
ドア・窓が開いたこと・振動・動きなどを感知して作動します。乾電池で作動し、
取り付けも簡単なもがあります。
2 防犯会社・防犯ドアメーカー等のシール
これらのシールをドア・窓・郵便受け等に貼っているだけで効果が
あるかもしれません。

フランス安心安全プチ情報バックナンバー

今ご自身でできる対策を行い、憂いを残さずにバカンスに出発しましょう。
Bonne Vacances !!!

保険代理店ASSETS
石井
TEL 0153797979 (日本語直通)
メール  japandesk@assets.fr

今後のトピックス

| コラム

今後のトピックスはございません。